牟岐町データ 海の生き物 PR

牟岐町で海の生き物を見よう!

牟岐町で海の生き物を見よう!

牟岐町は徳島県に位置し、森林と海岸に囲まれた自然豊かな町です。町内には水族館と資料館を兼ねた「モラスコむぎ」があり、海の生き物を鑑賞する事ができます。水族館や海洋生物が好きな方は是非一度足を運んでみてください。

牟岐町(むぎちょう)は、徳島県にある町である。

徳島県の南東の海岸沿いに位置し、室戸阿南海岸国定公園、内妻公園、八坂八浜などで知られる町である。断崖絶壁沿いに位置しているため、かつては土佐街道の難所であったが、現在は改善されており、徳島県と高知県を結ぶ通過点となっている。 

町の中央には牟岐川が流れており、その流域沿いには街があり、農業が盛んである。断崖絶壁沿いには太平洋に面しているため、南海地震や台風による被害をたびたび受けてきた。沖合にいくつか島を持ち、徳島県内最大の無人島大島、人の住む出羽島などがある。大島付近には、高さ10mほどに成長した世界最大級のコブハマサンゴがあり、千年サンゴとして親しまれている。

牟岐の中心集落より東側には山がせり出していて、美波町まで続く断崖絶壁である。ここには南阿波サンラインが通り、景色が良い。

  • 山: 胴切山、矢筈山、五剣山
  • 川:東谷川、牟岐川、瀬戸川、内妻川、古江川
  • 島:大島、津島、出羽島
  • 峠:ヤレヤレ峠
  • 港:牟岐港

人口

1950年10月1日現在の国勢調査では10521人であったが、その後は右肩下がりで減少し続け、1965年10月1日現在の国勢調査では1万を切った9190人であり、その後も毎年減少し続け、2010年10月1日現在では5000人を切り4850人になっている。

気象

  • 出羽島・津島・大島は黒潮の影響を受けており、徳島県下では平均気温が高く、17度を超えており、亜熱帯植物が繁茂している。

歴史

  • 1915年(大正4年)11月10日、 牟岐村が町制施行
  • 1916年(大正5年)町章を制定する。
  • 1946年(昭和21年)12月21日 - 昭和南海地震が発生し、死者53人・家屋全壊374戸の被害を受ける。
  • 1948年(昭和23年)牟岐税務署・牟岐簡易裁判所・牟岐検察庁が完成する。
  • 1973年(昭和48年)10月1日 - JR牟岐線が全通する。
  • 1974年(昭和49年)4月26日 - 南阿波サンラインが開通する。
  • 1987年(昭和63年)- モラスコむぎが完成する。
  • 1992年(平成4年)- 湯のさと鬼ケ岩屋が開業する。
  • 1994年(平成6年) - 海の総合文化センターが完成する。

地域

大字
郵便番号 大字名
775-0001 河内
775-0002
775-0003 辺川
775-0004 川長
775-0005
775-0006 中村
775-0007 内妻
775-0010 牟岐浦
小字浜崎は775-0011
小字宮ノ本は775-0012
出羽島は775-0013

警察・消防

  • 牟岐警察署
  • 海部消防組合

図書館

  • 牟岐町立図書館

病院

  • 徳島県立海部病院

その他の施設

  • 徳島バス南部営業所
  • 牟岐町民体育館
  • 海の総合文化センター
  • モラスコむぎ
  • 牟岐町健康管理センター
  • 海部美化センター
  • 青少年健全育成センター
  • ハローワーク牟岐

郵便局

  • 牟岐郵便局(集配局)
  • 出羽島簡易郵便局

行政

役場

  • 牟岐町役場

歴代町長

氏名 就任年月日 備考
1 久米隆次郎 1889年11月7日 任期中に町制になり、引き継ぐ。
2 満石尉次郎 1920年7月15日
3 富田加久三 1932年10月21日
4 岩村清 1945年10月20日 任期途中で辞職
5 大平正敏 1947年4月9日 任期途中で辞職
6 美馬次郎 1949年4月11日 任期途中で辞職
7 前田源吉 1949年8月11日 任期途中で辞職
8 枡富政三 1952年10月31日 任期途中で辞職
9 築地正三 1960年10月7日 任期途中で辞職
10 喜田治与 1966年9月23日
11 中村龍光 1971年3月7日
12 岡山弘樹 1979年4月27日
13 皆谷又男 1983年4月27日
14 百々壽 1999年4月27日
15 池内正勝 2003年4月27日
16 大神憲章 2007年4月27日
17 福井雅彦 2011年4月27日   

経済

産業

  • 主な産業
    • 第1次・第2次産業が年々減少し、第3次産業に依存している。
  • 特産品
    • 捺印台
    • 干物など
  • 産業人口(2005年(平成17年)10月1日)
    • 第1次産業就業者比率は15.6%
    • 第2次産業就業者比率は22.6%
    • 第3次産業就業者比率は61.6%

姉妹都市・提携都市

国内

  • 徳島県美馬市(旧:美馬郡脇町)
    • 1966年(昭和41年)4月1日姉妹都市提携

海外

  • 埔塩郷(台湾)
    • 1983年(昭和58年)7月22日姉妹都市提携

健康

  • 平均年齢:52.1歳(2004年(平成16年)1月1日現在)

教育

  • 中学校
牟岐町立牟岐中学校
  • 小学校
牟岐町立牟岐小学校
牟岐町立河内小学校

交通

鉄道路線

  • 中心となる駅はJR牟岐線牟岐駅であるが町内にはそのほかに次の駅がある。
    JR牟岐線辺川駅
  • 隣接市町村への連絡
    • 海陽町へは牟岐線普通列車
    • 美波町へは牟岐線普通列車・特急列車
  • 徳島市への連絡
    • 牟岐線特急列車で約80分。

道路

  • 一般国道
国道55号
  • 都道府県道
徳島県道37号牟岐海南線

船舶

  • 牟岐港 - 出羽島

特産物

漁業が盛んであるため、魚介類が特産物である。

  • 海賊料理
  • 鰹節
  • ちりめん

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

  • 牟岐城跡
  • モラスコむぎ
  • 鬼ヶ岩屋温泉
  • 大島
  • 津島
  • 出羽島
  • 南阿波サンライン
  • 松坂隧道(日本最古のコンクリート造道路用トンネル)
  • アジサイロード
  • 湯のさと鬼ケ岩屋

祭事・催事

  • 姫神まつり

出身有名人

  • 木本正次(作家)
  • 小島章司(フラメンコダンサー)
  • 竹井清(国際コミュニケーター)
  • 西木紳悟(ローラースケート選手)
  • ダニー(ザ50回転ズ)
  • 根東裕隆(プロバスケットボール選手)

室戸阿南海岸国定公園

室戸阿南海岸国定公園(むろとあなんかいがんこくていこうえん)は四国南部の室戸岬~徳島県南部の海岸一帯を占める国定公園。1964年(昭和39年)6月1日指定。

内陸部の指定地は全く存在しない純粋な海岸公園である。室戸岬は足摺岬と並ぶ高知県を代表する岬で、折り重なる海岸段丘と亜熱帯性樹林が特徴的。また徳島県南部一帯は高さ200mの断崖絶壁が連続する千羽海崖やリアス式の沈水海岸が見られる橘湾、アカウミガメの産卵地で知られる砂浜海岸、日和佐海岸などバラエティに富む。また無数の島嶼が見られ、橘湾の弁天島亜熱帯性植物群落(天然記念物)や徳島県南部の津島暖地性植物群落(天然記念物)など貴重な植生が見られる。

また、黒潮の影響で潮流が速いことと海岸一帯には水質汚濁の原因となる市街地や工場が少ないため、海水が非常に綺麗なことでも知られ、海産物は豊富。波の高さでも知られ、高知県東洋町の生見海岸や徳島県の宍喰海岸などは西日本有数のサーフィンのメッカとなっている。

南阿波サンライン

南阿波サンラインみなみあわサンライン)は、徳島県海部郡美波町から海部郡牟岐町を結ぶ一般道路、太平洋(室戸阿南海岸国定公園)を望むドライブコース。路線名は、徳島県道147号日和佐牟岐線である。

概要

  • 延長:18km
  • 交通:JR牟岐線日和佐駅(道の駅日和佐)からサンラインの美波町側入り口まで約3km。牟岐町側入り口はJR牟岐線牟岐駅前の国道55号交差点から。
  • 駐車場:4ヶ所の展望台駐車場有。
  • 通行無料。但し、午後8時から午前5時までは総排気量50ccを超える自動二輪車は通行禁止。

解説

この周辺の岸壁には、ウバメガシ、クロマツがびっしり付くように生え、千羽海崖展望台日和佐浦展望台等、ポイントごとに展望台がある。そこからは、美しい海岸線と雄大な太平洋(室戸阿南海岸国定公園)の景観が一望できる。

途中の千羽海崖では高さ200mもある断崖絶壁が、太平洋に向かって2kmに渡って続く。また、付近は格好の釣り場としても有名である。

徳島県南部は光害が少なく空気が美しいため天体観測に適すとされ、1998年11月のしし座流星群発生の際にはサンライン展望台は絶好の観測場所だとして、明石海峡大橋の開通効果もあり、駆け付けた神戸や大阪、なにわ、和泉、奈良、香川などのナンバーの天文ファンの車で埋まった(参考:徳島新聞1998年11月19日記事)。

11月に南阿波サンライン黒潮マラソンが開催されている。これは牟岐中学校発、明丸展望台折り返しのコース(21.0975km・高低差130m)を走るハーフマラソンであり、2007年度11月18日は県外も含め359人が参加し、高知市と徳島市の男女が優勝した。

1988年3月に通行無料になり、一般開放された。